環境

環境方針

当社は、環境への基本的な考え方並びにそれらを達成する為に必要な推進体制を定め、有効な取り組みを進めています。

基本理念

当社は、かけがえのない地球を大切にするため、企業活動のあらゆる分野において、環境にやさしい「ものづくり」を推進し、持続可能で豊かな社会の発展に貢献します。

行動指針

ものづくり企業としての誇りを持ち、地球環境を大切にし、社会と共生することを経営の重要課題の一つとして認識しながら、環境マネジメントシステムを継続的に改善し、常に環境パフォーマンスの向上を目指します。

重点取組事項

環境関連法規等の順守

環境関連法規制や利害関係者との約束ごとを守り、信頼される企業であり続けます。

エネルギーと資源の効率的な活用

生産工法の改善、業務の効率化、製品価値分析提案等を通じてムダを排除し、使用エネルギー及び資源の最小化、廃棄物の削減に努めます。

環境リスクの低減

産業事故の発生を未然に防止する為の仕組みの有効性を維持、向上します。

地域社会との共生

地域社会に対する環境負荷の軽減を図り、良き企業市民として共生してゆきます。

環境活動推進体制

ISO14001認証取得状況

当社グループでは、IS014001:2015規格の認証を取得し、環境目標を達成すべくPDCAサイクルを用いて、継続的に改善を図っています。

事業所 取得年月 認証 適用範囲
川崎工場 2018年12月 ISO14001:2015 自動車部品(フレーム、アクスル、プレス部品など)の製造
宇都宮工場 2019年1月 ISO14001:2015 フレームサイドレール及びアクスル側板の製造
藤沢工場 2018年12月 ISO14001:2015 フレーム、アクスルケース等自動車部品、プレス用金型、自動溶接ラインの製造
埼玉工場 2018年11月 ISO14001:2015 自動車部品の製造
尾道工場 2017年6月 ISO14001:2015 完成車組立、自動車部品及び組立品、建設用車両部品及び組立品の設計・開発及び製造
PK U.S.A, INC. 2018年2月 ISO14001:2015 樹脂部品、プレス部品の製造、並びにシャシー部品、ボディーパネル、サスペンション部品の組立及び塗装
THAI SUMMIT PKK CO.,LTD. 2017年12月 ISO14001:2015 シャシフレーム、シャシフレームの構成部品、サスペンションシステム及びトランスミッションシステムの製造
THAI SUMMIT PKK BANGPAKONG CO.,LTD. 2017年12月 ISO14001:2015 シャシフレーム、リヤアクスルケーシング及び構成部品の製造
THAI SUMMIT PK CORPORATION LTD. 2016年2月 ISO14001:2015 シャシフレーム、リヤアクスルケーシング及び構成部品の製造
PRESS KOGYO SWEDEN AB 2019年4月 ISO14001:2015 プレス部品、レーザーカット部品、溶接組立て部品の製造

気候変動への取り組み

当社では、生産活動に伴うエネルギー使用の効率化と省エネ化を推進し、二酸化炭素排出量の低減を図っています。

  • 特高変電所のトランス更新により、消費電力損失の低減を図りました。
  • 更新前
  • 更新後
  • 工場建屋の屋根スレートへの遮熱塗装の施工により、夏季の工場内温度を下げ、空調の省電力化を図りました。
  • 塗装前
  • 塗装後
  • コンプレッサーからのエアー配管バルブや圧力スイッチ等の自動制御化により、コンプレッサーの稼働時間と稼働台数の効率化を図りました。
  • 電着塗装の低温焼付化により、LPG使用量の低減を図りました。
  • 工場内の水銀灯と蛍光灯をLED化し、使用電力の低減を図っています。

廃棄物排出量削減への取り組み

当社では、生産活動に伴う廃棄物の3R活動を推進し、廃棄物排出量の低減を図っています。3RはReduce(発生抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(再生使用)を指します。

  • 生産活動に伴って発生する金属スクラップや廃ダンボール等を有価物として売却しています。
  • 生産ラインで部品類や完成品の移動に用いている木製パレットが経年劣化した場合、木屑(産業廃棄物)処分せずに内作で修理し、木屑排出量の低減を図っています。

環境負荷物質使用量削減への取り組み

当社では、生産活動で用いる環境負荷物質の使用量の低減を図っています。

  • フレームとアクスルの塗料を油性塗料から水性塗料への切り替えたことにより、PRTR法対象物質の大気排出量の低減を図りました。
  • 建設機械用キャビン等の塗装シーリング工程において、余剰シーリング拭き取りに用いるスポンジの洗浄溶剤(シンナー)を中性洗剤に変更し、有害化学物質使用量の低減を図りました。

報告対象期間

原則として2019年4月1日~2020年3月31日となります。
なお、一部の報告ではこの期間前後の取り組み実績または取り組み予定の内容が含まれます。

環境データの開示

環境データについては、2020年11月開示に向け検証中です。
また、一部の環境データの検証を信頼性向上のために第三者機関に検証を依頼予定です。

TOP