建設機械用キャビン

車両組立ての技術と特殊なプレス成形技術を駆使した部品(異形鋼管)を利用した建設機械のキャビン等の組立てをしております。

建設機械用キャビンとは

油圧ショベル用キャビン(中型機以上)

ミニ油圧ショベル用キャビン

ミニホイルローダー用キャビン

鉱山機械用キャビン

生産工程

①単品パネル成形

建設機械用キャビンの基本骨格部は、大物パネル、小物パネル、異型鋼管等で構成されています。
その中で大物パネル、異型鋼管については自社で加工を行っています。

②溶接組立て

それぞれの部品を、溶接で組付けします。
プレス加工されたパネルと異型鋼管を、部位により、アーク溶接とスポット溶接を使い分け、組立てています。
溶接する箇所によっては、ロボットを採用し、省人化を図っています。

③艤装品組付け

溶接組立てが終わったキャビンに塗装を行い、その後、ガラスやワイパー等の艤装部品を組付けします。
キャビンの種類により取付部品は様々で、1台当たり約700点ほどの部品を組付けていきます。
一部の作業はロボットで行っています。

お客様

TOP